小説の書き方に正解は無い、好きなように書くべきだ




個人的には、小説の書き方に正解は無いと思っている。

各々が好きなように、気の向くままに書けば良い。

人によってその書き方、小説へのアプローチの仕方というのは異なってくるだろう。

小説を書きたいと思っている人ならば、大抵一つか二つは書きたいと考え温めているシーンがあるだろうし、主人公のキャラクターや詳細な設定なども、おぼろげながらにでも頭の中に思い浮かべているのではないだろうか。

さてそういった人ならば、もういつでも小説を書き始めることに取り掛かっても良いわけだ。書きたいという気炎が巻き起こっている内、早々に取り掛かった方が良い。今すぐにでも小説を書き始めるべきである。

しかしそこで、もしかしたら、〈どうやって書き始めたら良いかわからない〉、という人もいるかもしれないので、少し自分の実感などから学んだことを書いてみようと思う。

プロットは書かなければいけない、のか?

自分も様々な小説の書き方の指南書、あるいはライトノベルの書き方の指南書を読んだ。

そしてそのほんとんどの指南書で言及されていたのは、小説本文を書き始める前に、〈プロット〉を立ててから書くべきである、というものだった。

すでに物語を書いたことがある者、小説家を志している者ならばご存知かとは思うが、プロットとはストーリー全体の重要事項を抜粋して書きだした要約、骨組みかあるいは設計図みたいなものだ。

ストーリーの中で発生する事項を簡潔に書き出してまとめることで、書き手自身が物語の全体像を把握するのに役立てたり、企画段階の物を編集者にプレゼンする時に使われたりする。

自分はこのプロットというヤツが苦手だ。

プロットを立ててから小説本文を書き始めるというやり方を、今までまともに活用したことが無い。『ディアヴロの茶飯事』の時もそうだった。

ディアヴロの茶飯事 (HJ文庫)

 

プロットを立てないならばどうやって書いているのかと言えば、それはもう、好きな場所、書きたいシーンから書き殴っていくのである。

ストーリーの冒頭からでも良いし、結末からでも良い。それより先に中盤のシーンが書きたくなったなら、それへと先に取り掛かることもあるだろう。

とにかく細かいことは考えずに、その瞬間、自分が書きたいと思った箇所から書いていく。その時に思い付いたシーン、使いたいと思った言葉、書かずにはいられない描写など、そのイメージが鮮明である内になるべく早く捕まえて、文章へと起こしてやるのだ。

衝動的に書く、書きたくて堪らない気持ちを開放してやる、というのは大事だと思っていて、だからそういう感情が心の内に湧いて出たならなるべく早くそいつを文章にしてやるよう努めている。感情が新鮮な内に取り組むことが瑞々しい文章を書き上げさせ、表現豊かな筆致へと現れて彩るのだと考えている。

プロットを書くのは、なんというか、「冷める」のだ。いかにも作業をしているという感じがして、どうしても好きになれない。



プロットを書かないことで生じる弊害

しかしこのやり方は、あまりオススメできない。

説明されずとも感覚で理解できると思うが、このやり方は、後になって様々な破綻を生じさせるからだ。

例えば、物語全体を【1番】から【10番】までのまとまった箇所に区切ったとする。

冒頭のシーン――つまり【1番】の箇所から書きたくなって書いた後、次にどうしても書きたくなったのが中盤の【5番】の箇所だったりする。

そうなった時には当然、【1番】と【5番】の箇所を違和感なく連結させるようなシーンを、【2番】と【3番】と【4番】に書き上げなくてはならない。

初めに書きたくなったのが結末のシーン――つまり【10番】で、その後に【8番】のシーンを書きたくなったなら、【10番】で表現される結末に滞りなく通ずるというだけでなく、しっかりとそれを映えさせて盛り上げられるような関連シーンを【8番】や【9番】にも書かなくてはならないわけだ。

これは非常に効率が悪い。

ストーリーの細部や文章表現の端々に齟齬を生じさせたりして、後になって辻褄を合わせるのに難儀する。極めてシロウト的な技法であると思う。書きたいように書いているだけなのだから当たり前ではある。

例えば推理小説や、緻密に計算させられ配置された伏線の数々が回収されて、読者を驚かせるように構成させられる物語を書く時には先ず選択されない書き方だ。

新装版 虚無への供物(上) (講談社文庫)

 

新装版 殺戮にいたる病 (講談社文庫)

 

感情的に書くか、論理的に書くか

しかし自分の場合、基本的にはこのやり方でしか文章を書くことができない。

自らの内に沸き起こった〈書きたい〉という気持ちを優先させて文章へと起こしていくというやり方を、選択して免れることができないのだ。

つまり自分は感情的に書いているのだと思う。1から10まできちんと筋道を立ててから――つまりは〈論理的に〉書くということをしていないのである。

小説は〈論理的に〉、〈計算して〉書くことの方が好ましい。

著名な作家の中に、意外にも理系出身の者が多数存在することからそれが窺えるだろう。

エンジニアとして勤めていたことがある東野圭吾さんの作品

沈黙のパレード

 

工学博士を取得していることでも知られる森博嗣さんの作品

すべてがFになる【S&Mシリーズ全10冊合本版】

 

だからもしもあなたが、どうやって小説を書き始めたら良いのかわからないと悩んでいたなら、ひとまずは、セオリー通り、プロットを立ててから小説本文を書いてみてはいかがだろうかと提案する。

しかしもしプロットを書くのが苦手だ、面倒臭い、熱中することができない、という考えに至ったなら、自分と同様、プロットを立てないやり方を選んでみてはどうだろう。

後になって困難に見舞われることもあるかもしれないが、あなた自身の衝動を優先させて書き上げられた文章は真に迫って、強い説得力を伴った表現や描写で彩られていると思うし、破綻した細部の辻褄を合わせる苦労だって経験として蓄積されきっと役に立つことがあるに違いない。

〈書きたくない〉状態で書いた文章はつまらないものになりやすいし、〈書きたい〉時に〈書きたい〉物を書いた方がより良いものができあがるに決まっている。

作家の数だけ小説を書くやり方があって良い

だから小説を書くやり方は自由で、それぞれの好きなようにしたら良いと思うのだ。百人の作家がいたなら百通りの書き方があって然るべきだし、その方が断然面白い。

異なった書き方、異なった考えの下に書き上げられた百通りの作品は、それぞれが異なった輝きを放って、異なった百通りの読者へと届けられるだろう。

作家の個性や資質、考え方や感性がにじみ出た様々な作品が世にもっと躍り出て、人気や時代性などに縛られないで市場へと供給され、賑わすような世界になったなら面白いのにと思う。

人間は同調するために生きているのではない。異なった自分が、異なった他人の中でどう営むべきかを見定めるために生きているのだと思うから。

だからあなたにも、あなたにしか書けない、あなただけのやり方で書いた物語を創って欲しい。

そうして書き上げられたあなただけの作品は、あなたにしか創り上げることのできない色の輝きを放って、誰かの心を鮮やかに照らしてゆくに違いないから。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です